在宅医療相談室

瀬谷区医師会では、区内在住の皆様が、在宅で安心して療養ができるよう、在宅医療相談窓口を開設いたしました。
この在宅医療相談室は、厚生労働省の地域包括ケアシステムの一環であり、2025年の超高齢者社会に向けて、地域医療連携の円滑化を図る目的で26年度には西区医療センターに於いてモデルケースとして開設されました。
その結果を受け、横浜市は区内医師会立の訪問看護ステーション内に、「在宅医療相談室」を設置することを決定し、27年度より瀬谷区医師会も市との契約を締結し、この度開設することとなりました。

もともと、瀬谷区医師会訪問看護ステーションでは、平成7年に開設して以来、地域の中ですでに病院や地域住民の皆様、ケアプラザや区の高齢・障害担当者などより、相談、連携の窓口として長く機能してまいりました。
また、瀬谷区医師会立ということもあり、地域の医療機関やサービス事業所との強い連携関係を持っております。

今後は、公的な立場で地域医療連携の窓口として、地域の皆様の状況に応じた医療機関のご紹介や、行政、区内の訪問看護ステーション、介護保険事業者への橋渡しを行える相談窓口として、活動を開始していく所存です。

平成27年1月5日
瀬谷区医師会 会長

在宅医療相談室は、病院、医院、福祉保健センター、訪問看護ステーション及び在宅介護事業所の皆様の連携ツールとして御利用いただけます。
退院が近いけれど、在宅療養に向けての受け皿がない、往診の医師が見つからない、地域が離れているのでケアマネを見つけられない、訪問看護ステーションがどこにあるかわからない・・などの療養上のご相談を受け、地域にある医療施設や地域のコメディカルへの橋渡しを行います。

主として、医療機関・介護事業所の相談窓口となっておりますが、ケアプラザへの相談方法がわからない、どうしても医療的な相談がしたいなどの場合、一般の方のご相談も受け付けております。

相談ご希望の方は、以下の申込みフォームにご記入・送信の上、相談室までお電話下さい。

瀬谷区在宅医療相談室へ申込み

お問い合わせ Tel. 045-520-3122 Fax. 045-302-5608

在宅医療相談室だより